2018年2月9日金曜日

傾聴カウンセラーに合格しました ~ できない自分を受け入れる大切さ








2017年11月~2018年1月にかけて

岡山市・ジョイカウンセリングスクールの主催されている

傾聴Skypeトレーニングを受け、


先月末、

【傾聴カウンセラー】に合格しました。



自分の傾聴する力を、

実績のある先生に

客観的にチェックしてもらい、

伸ばしていきたいと思ったのが

受講のきっかけです。



「傾聴」で検索すると、

教材とか出てくるのですが


私は、「知識」が欲しいのではなく

「できる」ようになりたい、

「使える」力をつけたい、

という目標がしっかりと定まっていたので


直接マンツーマンで

実践をしっかりやってもらえる

こちらのコースを申し込みました。



週1回、Skypeで

井上先生がクライアント役になり

私が聞き役になる、という

ロールプレイをします。


ところがね、

練習なのにこれが意外と大変で


最初の2回は、

ロールプレイ中に共感の姿勢がキープできなくて、

謙虚な心で聞けていない自分を感じ、

そんな自分に対してモヤモヤを感じました。



そういう自分に

ほとほと嫌気がさし

「こんな調子で最後までできるかな」と

落ち込んだこともあります。


でも、思い直しました。


できないなら、できないで

できるように努力しよう!って。


すねてるヒマあるか!って。



気持ちを切り替えて

質問のしかたや、流れを復習して

次回に臨んだら

心に余裕が生まれてスムーズにできました。



そのことを先生にお伝えしたら

こう言われたんです。



一番大切なことは『できない自分』を受け入れること



改めてハッと気づかされるものがありました。


そう、頭ではわかっているけど

できていなかったー。



「できない自分」に気づいて

それが受け入れられない時

自分のふがいなさが怒りに結びついて

誰かを批判したくなります。



でも、そうじゃないんですよね。


「できない自分」を受け入れる


受け入れた瞬間に、

これまでこじ開けようとして

びくともしなかった扉が

突然開くんですよね。



「できない自分」を受け入れられない間は

自分を責めてその怒りを誰かにかぶせようとします。


できない自分を認めることで、

はじめて「反省」が生まれ

次へ生かそうとする意識が生まれる。


それ以来、

「できない自分」はいなくなりました。


イヤ、いるかもしれないけど

気にならなくなりました。



普段から傾聴の姿勢を意識し、

質問のバリエーションを

あらかじめ考えておくようにしたら、


気持ちに余裕がでて、

ゆったりとした気持ちで

聴くことが出来るようになりました。



傾聴トレーニングは、

カウンセラーの立場をとり続ける

練習でもあるんです



という井上先生の言葉がとても印象に残りました。


そう、傾聴の心理状態を続けること、

キープすることが一番大変だから。



なぜなら、

傾聴の間は

自分のエゴをいったん脇において

気持ちに寄り添い

聞き役に徹しなければならないから。



相談とか、愚痴とか

相手のネガティブなエネルギーに

寄り添うのは

とても精神力が必要です。



カウンセラーという職業にかかわらず、

すべての役割において、

感情に流されると

「立場をとり続ける」ことが難しくなります。



自分の気持ちを脇に置いて、

この時間だけは相手に寄り添うこと。


それができれば、

人間関係はもっとスムーズで

ストレスのないものに変わります。



そういった意味では、

傾聴スキルは、

話を聞く職業はもちろん

すべての方が体得すべきスキルだと思います。



スキルチェックで

合格をいただけたことは

本当にうれしかったです。


しかも!


補講の時に、事例分析を通して

すごく幸せな気持ちを

おすそ分けしていただき

すんごくハッピーにな気持ちで

講座を修了することができました。



やっぱ、しあわせがシェアできるって

いいですね。

その日、私は一日中 幸福感で過ごしました。




井上先生、

毎回しっかりと関わっていいただき、

本当にありがとうございました。



岡山市・ジョイカウンセリングスクールでは
少人数制の傾聴集中講座 in 岡山 >>
年に数回、開催されています。

直近は
3月25日(日)13:15~16:15 

県外からも、参加されるそうです。

傾聴のスキルは、
実際に体験することが一番です。


接客、保育、教育、相談など
お話を聞くお仕事をされている方は
ぜひ、参加されてください。




来年度は、私も

傾聴をとり入れた

【共感コミュニケーション講座】を

開催したいと思っています。



井上先生、本当にありがとうございました。


f:id:mismaru:20180118234732p:plain

今日も最後まで読んでくださった
あなたへの

感謝と応援を込めて♪

ありがとうございます(^o^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    

2 件のコメント:

  1. 丁寧に記事にして下さってありがとうございます^^

    カウンセリングに来られるクライアントさん自身も、何らかの「上手くやれない自分」を感じている事がほとんどなので、カウンセラー自身が「上手くやれない自分」と向き合う体験は、欠かせない事だと思っています。

    【共感コミュニケーション講座】で澄田さんの身近な人に、さらにハッピーが広がると良いですよね。応援してます!

    返信削除
    返信
    1. 井上隆裕先生

      ありがとうございます!
      そうですね、カウンセラー自身が「できない自分を知って受け入れる」ことは大切ですね。
      安全圏にいると、つい怠りがちにいなるので、今回のご縁にとても感謝しています。
      本当にありがとうございました。

      削除

関連記事

***