2018年1月24日水曜日

心に福をうみだす魔法の言葉遊びを子どもとしてみた




去年の冬至あたりに、

私は自分のエネルギーを
ガラッと変えました。

変えるために
21日間アファメーションと禊をしたわけですが。


先日、
小3の末っ子と、あるゲームをしました。

それは

しあわせをうみだす魔法の言葉遊び


単純に
「ほめあいっこ」をしたんです。


サラッと簡単にやってみたんだけど

お互いやっていくうちに

笑顔になって、お互いがうれしくなって

こそばゆいほど。


2人とも大満足でゲームを終えました。


ゲームの前は、
「毎日お風呂掃除すんの、嫌なんだよね」
と言っていた末っ子が

ゲームを終えたとたん

「風呂掃除してくるー♪♪」と
自分から風呂場へ。


とてもご機嫌で帰ってきました。


またやろうね、と約束。

末っ子が今後
どんなふうに変化するか見てみたいので
定期的にやろうと思っています。


ネガティブを解析するワークだけでは
自己肯定感・自己信頼感は
高まらないのではないか

というのが最近の私の思うところ。


ネガティブを味わい尽くす
ワークも必要ではあるけど

心にそれを受けとめるだけの
予備能力がないと
かえって闇に食われてしまう。

(時間を決めて淡々とやってほしい、というのはそのため)


特に予備能力がない状態で
ひとりで行う場合は

波動が落ち込んで
引きあがってこれないことがあるので
要注意。



それよりも
心の基礎体力を上げて
普段から自己肯定感・自己信頼感を高めておけば

ちょっとやそっとの
ネガティブって問題にならなくなる。


心に福があれば

鬼は入ってこれない


自分の波動が高まれば
低い波動のものは近寄れない


「心に福」の状態を
生み出せるようになるスキルを身につける方が
先なんじゃないかな、と。


子どもたちには
自己肯定感を高められるような
機会をたくさんつくってあげたいな、と思います。





f:id:mismaru:20180118234732p:plain

f:id:mismaru:20180118234624p:plain


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます(^o^)




0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***