2016年10月15日土曜日

頭をもたげる想いをそのままに ~ 即興WS 



自然の想いをそのまま表現したお弁当



演奏が終わり、お昼をいただいてから
WSが始まりました。

最初、
みんなで輪になって音を伝えていくゲームをしたのですが
どこかぎこちなさがありました。

このぎこちなさが、
自信のなさだったり、相手との距離感(遠慮)だったりといった
エネルギーのロスを
あらわすんだな~と感じました。

その後、振付を真似し合ったり
グループごとに振付を考えて発表しているうちに     
場はどんどん打ち解けて
すごいことになっていました。

自分を表現することに
だんだん遠慮がなくなってくるというか
そうやって
思い思いに発されたエネルギーが
お互いの境界で無秩序に交じり合って・・・
なんていうんだろうね
深く知っているわけでもないのに妙な一体感、
みたいになっていました。

まさしく、縄文のエネルギーのイメージ。

そして、
ひとりひとり持ち寄った楽器を披露する、みたいなコーナーになって

「あれ、みんなでやるんじゃないの?」

ひとりでやるのは恥ずかしいな、と思いましたが
思いきって鈴を披露しました。

一人でやるなら、振りを考えてくればよかった~

人前で鈴で舞ったのは初めてだったので
(いや、舞うっつーアレじゃなかったけど)
恥ずかしかったですが、いい機会になりました。

友人が、鈴の音で場の雰囲気が変わった、と言ってくれたのが
せめてもの救いです(笑)

その後、鈴を通じてお話が深まる機会もあり
持って行ってよかったな、と思いました。

終盤で、グループごとにテーマを決めて
楽器と踊りで表現する、コーナーがあったのですが

たんたんさんのいた私たちのグループは、
カオスでした。

たんたんさんは床でゴロゴロ転がるし、踏みそうになるし(笑)

そうするうちに、たんたんさんがジャンベをたたき始めて
それに合わせてみんなでからだを動かしていました。

だんだん高調してきて
私も鈴を置いて踊っていました。

テルミンを鳴らしていたたんたんさんがジャンベに戻ってきて
なんていうんでしょう
合図があったわけでもないのですが
それにあわせてからだを動かしていました。

時折拍手が聞こえて
でも頭の中は真っ白で、ジャンベの音も聞こえません。
でも、波動として、煽られている感じはよくわかりました。

ふとした瞬間
ジャンベが収束していく感じをとらえて
一緒にスローダウンして終わっていました。

素人なもので、周りを見る余裕がなく、すみません・・・。


数十秒でしたが、すごい経験でした。

相手の考えていることが、理屈でなく入ってくるんですね。

即興のコラボ、ってこんなかんじなんだ、
というのが、よくわかりました。

そして、わたしは
こういった即興のエネルギーは、嫌いじゃない
ということもわかりました。つ-か、好きだ。



これな!! という経験でした。


実は、夏あたりからベリーダンスを再開したいな、と思っていました。

見学もしたのですけれど、足が止まっていました。
型を覚える稽古、というのが苦痛に感じて
「糸島に行ってから答えを出そう」と思っていました。

ベリーでも、ドラムに合わせて即興で踊る、というのがあります。
憧れていました。

あそこまでになるには、
型のバリエーションを覚えて使いこなせるようにならなければ、
と思っていました。

けれども、
技巧の追求ではなく、演者どうしのエネルギーの交わり合い
それが即興の魅力なのだと、この日、わかりました。

逆にそれがなければ、即興も出し物のひとつ。

ベリーが、お遊戯化してしまったのは
踊りの中から
その本質のエネルギーが抜かれちゃった、
というのもあるんだろうな。


最後に、
最初にやった音を伝えるゲームを再びやったのですが
驚くほど伝達がはやく、なめらかになっていました。

集中力が増し、全体の中の一人、の意識が増したというか。

お互いの見えない壁が取り払われて
もらったものを次へ渡すことに
躊躇がなくなったんだろうな~、と感じました。



何とも言えない充実感で、会場を後にしました。



理屈を越えて 自由に遊ぶ 


ということの大切さを感じた1日でした。


参加させていただき、本当にありがとうございました。




石坂さん(左) とたんたんさん(右)


この日 はいていたのは
MAUIの露店のおねーさんから買ったスカートでした。

もともと、糸島ではくつもりで買ったスカートでした。
意外になじんでくれて、はきやすくて
もう1枚買っときゃよかった~、と思いました(笑)


たんたんさんの記事はこちら





まずは問題の本質を知ることから ..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+.
詳細はこちら
こころのレメディ  ※レメディとは「改善策・救護策」の意味です

身の回りの問題の本質的な原因と解決方法について、バーストラウマ・インナーチャイルドの視点からひも解きます。

親との関係/配偶者との関係/妊娠期/出産・新生児期/乳児期/幼児期/学童期/思春期

カウンセリング・セラピーメニュー ..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+.
   詳細はこちら スカイプ可
First Meeting (はじめましての おはなし時間)

個人セッションを受けたことのない方のために設けています。
話を聞いてほしい、セラピストがどんな人か知りたい、セッションの相談をしたい、など
お気軽にどうぞ。

生まれなおしセッション (意識の深層から自分を変える)

この世でたった一人の自分への理解と信頼を深め、「私に生まれてよかった」という人生をスタートさせる。本気で変わりたい人のためのセッション。
親との関係の見直し/感情整理・ネガティブ思考の改善/人間関係の根本的な解決 など

親と子のピエタ・セラピー (子育ての問題を解決)

すべての母親と子どもたちへ、幸せな子育て期間を過ごしてほしいから。
赤ちゃん・子ども、そして、母親のための、インナーチャイルドセラピー。
問題行動の原因を根本から解決し、子どもの情緒を安定させます。

インナーチャイルド・エデュケーション ( 心理学講座 ) ..:*○o。+..:*○o。
  スカイプ可
関連記事
「なぜ、今自分育てなのか」
「講座の特色」
「一番伝えたいこと」
今からはじめる本当の自分育て(1)  ブログ記事はこちら

あなたの中のインナーチャイルドの存在を理解してあげるための講座。
ネガティブな思いグセの原因を知り、それにまつわる感情を癒す方法を学びます。
感情の癒しに重点を置いています。 

 少人数制  全7回 ( おはなし会 1回 ) 胎内回帰セッション60分 込  22,000円

人生最強のパートナー育成 ~ 自分育て(2)  ブログ記事はこちら

心を癒すだけでは、本当の意味で幸せにはならない。
癒しの通じないチャイルド、成長をはばむ手ごわいチャイルドを教育し、人生を主体的に生きていくための最強パートナーに育て上げる。

 自分育て(1)修了者のみ 全3回 未来創造のための胎内回帰セッション 込 22,000円



問い合わせ先
山口県下関市赤間町(唐戸市場近く)
 生まれなおしサロン みすまる

澄田 順子 (すみた じゅんこ)
life.team307@gmail.com


0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***