2016年9月1日木曜日

英語アウトプットしてきました



8月31日、夏休み最後の日
京都へ調香の勉強に行ってきました。

調香の話は別の記事で書くとして
今回は勉強中の英語の話を。

さかのぼること2カ月前。

7月にいきなり発起して
中学・高校英語の未完だった部分
「コミュニケーションのための聞く・しゃべる」に
挑戦したい!!と思いました。

知り合いの英語の先生にコンサルしてもらったところ

語彙・発音・文法など基礎的な部分は
さほど問題ないので
練習したことをアウトプットする機会を作っていくこと、

というアドバイスをもらいました。


「今を生きる中で過去を再生し成し遂げていく」
でも書いたのですが

そして、英語を勉強するんはいいけど
ネックになるのは、それを使うこと。

使って、身につけて慣らしていくこと。
外国の人に。日本で。

それをどこでどのようにやるか。
「学ぶ」というより「話す」のが目的なら
英会話教室へ行かなくても
今はSNSでつながった人とテレビ電話で会話ができます。
低料金のネット英会話教室もあります。
そういう意味では
英会話を日常に取り入れるハードルは
ひと昔前よりも
かなり下がったといえます。
「英会話」として習う前に
まず 話しかける、というハードルを越えたい。
と、そこで私は思ってしまいました。
下関は、外国人観光客(英語しゃべる人)少ないよな・・・
と思ったときに
京都!!!
とひらめきました。
月一回訪れる京都!
そこで、会話の練習したらいいじゃん。
決して安くはない交通費を払って京都まで行くんだから
調香の勉強だけではもったいない。
古都千年のこの場所でたくさんのことを吸収してこよう。
そして。
ハイ、さっそく実行しました。
最初の機会、それは予期せぬ形できました。
京都に向かう新幹線の中で
新大阪を過ぎた頃。
ふと気配がして顔を上げると
私の前の席に、ブロンドの若い女性がいました。
棚に荷物を上げていることろでした。
いきなりのチャンス!!
しかし、彼女はずっと棚の方に意識が向いていて
私はじーっとそれをドキドキして見ながら
見ながら・・・結局声をかけれませんでした。
彼女は
着席してしまいました。
ああぁぁ! せっかくのチャンスがあぁぁ!
神様ってね、「お願い事」をしても
「現物支給」はしてくれないんですよ。
きっかけはくれる、チャンスの種は。
それに対して
「するの?」「しないの?」は
私の意志に任される。
私は、迷ううちに神様のくれたチャンスを
流してしまいました。
後ろの席で悶々としながら私は
「神様あぁ! 次はします!!
もう一回チャンスを下さい!!」
とお願いしていました。
ほどなくして、彼女がまた立ち上がりました。
棚から何かを取り出して、また席に着いたタイミングで
「Hello」と声をかけました。
彼女は不意の声に振り向いてくれました。
「Where are you from?」  どこから来たんですか?
パリから来たそうです。
「Where are you giong today? 」 今日どこへ行くんですか?
東京へ行くそうです。
彼女のbrotherがいるそうで、会いに行くそうです。
あなたは?と聞かれたので
Kyoto と答えました。
Have a nice trip と言って
終わりました。
たった、それだけでしたが
生まれて初めて?自分から英語で話しかけた私は
I made it !!  やった!
って感じでした。
調香のサロンに向かう途中、
平安神宮で女性グループに声をかけました。
どこから来たの? と聞いたら
最初 アンジェリカみたいに聞こえたけど
もしかしたらアルゼンチンだったかな。
もう一人はGermanyって言ってました。
How long are you staying?
金曜までよ、と。
アルゼンチンとドイツの人が落ち合って
日本を旅行するなんて、まるで
ワールドカップの決勝戦を日本で!
のようですが
まぁ、今どきワールドワイドならアリなのかな。
どの人達も
まあ、まさかこんなところで話しかけられるとは
思っていないだろうから
ちょっと警戒されていたと思います。
だから、
新しい一歩をふみ出そうとしてひるむんだけど
そこで
私が するか/しないか
が問われるのかなと思います。
そして、レッスンの後
はじめての伏見稲荷大社に足を延ばしました。
伏見大社はね・・・・
ホント、多かったの、外国人観光客が。
稲荷駅を降りて、ここはどこだ? と思いましたもん。
でもね、
あまりに多すぎて
声をかける気持ちが萎える。
そうでなくても調香レッスンをしてぐったりだったので
「やんのか~、わたし (ノД`)・゜・。 」とか
よこしまなことを思いながら参道を歩きました。
まぁ、やりたくなかったらやんなきゃいいだけの話なんだけど(笑)
男性の人に話しかけました。
California から来たと言ってました。
日本は初めてだと。
どこに行くんですか?と聞いたら
Tokyo と Kyotoだそうです。テッパンですね。
Were you alright with tyhoon yesterday?
昨日の台風は大丈夫でしたか?
聞き取れませんでしたが(笑)
身振り手振りで
雨に降られて大変だった、というのは伝わりました。
ここで力尽きました。
もう、声をかける気力は残ってねぇ・・・・。
やっぱね、話しかけても
私の語学力のせいで深まらないんだよね、話が。
あいづちとかも。
それで、疲れてしまいました。
稲荷駅で京都への電車を待っている間
となりに坐っていた男性から
「Kyoto?(京都行き?)」と聞かれました。
ちょっとうれしかったです。
まぁ、小さなことですけど
「声をかけてもいいかな?」という雰囲気を
醸し出せるようになるといいかなと思います。
・・・。
あえて、こんな第一歩を書いてみました。
英語ペラペラな人から見たら
表現が間違ってる~
その程度~?
な英語ですが、
いつかペラペラになるために通らなければならないステップ。
恥ずかしいし、みっともないし。
一歩をふみ出せない人、続かない人って
いつもここがネックになっていませんか?
私だって同じ。
そんな私を奮い立たせてくれたのが
たまたま出会った ある英語の本の後書きでした。
「一・語・英・会・話」 櫻井カレン
小学生や幼稚園児に英語を教える機会に恵まれたものの、多くの子どもたちが英語を話す以前に「間違えたら」「バカにされたら」という壁を乗り越えるのに時間がかかるのでびっくりしました。このまま大人になれば不安ばかりが残っちゃうんじゃない??
※コンビニで買ったので、書店にはないかも
この言葉にインスパイアされて
ラジカセ犬パフの話 の記事を書きました。
私が英語を勉強するのは
英語でコミュニケーションをとれるようになるため
それだけではなく、
英語をとおして
間違えたら、バカにされたら、という壁を乗り越えるということが
私の人生の本題だと
この言葉は気づかせてくれました。
だから、私にとって英語は
勉強して自己満足に終わるためのものではなく
アウトプットしていく必要があるんです。
自分の目的がはっきりしたので
ブレずに続けていこうと思います。
+ + + + + + +
さて、これは余談ですが
伏見さんを訪れる外国人観光客は
もちろんアジア系もいますが
圧倒的に 欧米系。
どこもかしこも欧米系。
鳥居をゾロゾロくぐっている彼らを見ていて思いました。
たしかに
Tripadvisorで1位を獲得したから
この赤い鳥居が興味深いから
その口コミで来るのかもしれないけれど
でも、彼らの意識の深いところが
日本の稲荷の総本山であるこの場所に
引き寄せられてくるのかな~と
思ったりしたのでした。
  稲荷=INRI=イエス・キリスト
今度、伏見さんに行くことがあったら
(もうちょっと聞き取れるようになったら)
彼らに なんで来たのか聞いてみよう。
+ + + + + + + 

≪ セッションメニュー ≫ 参考・ 心のレメディ
◆母と子の心をつなぐピエタ・セラピー
 赤ちゃんや子どもの問題行動を解決します
 子育てに関するママの感情を癒します

 わが子の本質を理解し、ママ自身の感情を癒すことで
 心がしっかりとつながった感覚を得ることができます。
◆感情整理と関係改善のワーク (9月申し込み分まで) 
 特定の人間関係へ焦点を当て、
    感情を整理し問題解決のための実践的な方法を学びます。

◆生まれなおしセッション 
 あなたに起こっている問題について
 インナーチャイルド・バーストラウマの視点から
 根本的な解決をめざします。
 カウンセリング・ヒプノセラピー・感情ワークを
 組み合わせて行います。

Skypeセッション可能です。

10月から、料金を改定いたします。
◆ 生まれなおしセッション  (人生の悩み)
  ショート   70分   8,000円
  ディープ 140分 14,000円
 ※感情整理のワークは、こちらに統合します

◆ 母と子のピエタ・セラピー (子育て相談)

  90分 5,000円

現行の料金は9月21日までとさせていただきます。

 
問い合わせ先
生まれなおしサロン みすまる
 山口県下関市赤間町7-16

澄田順子

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***