2016年8月30日火曜日

御屋形様 飼育記(2)



御屋形様飼育記(1)
 →なんのこたないムカデの話です<(_ _)>

上の記事で書いたムカデの脱走劇。

その時は気が動転していたので
末男の話をそのまま聞いたのですが

よくよく考えてみれば
ムカデが歯ブラシをつたって水槽をのぼり
開いていたフタから出たなんて、おかしな話で。

そのあたりのことを改めて聞いてみたところ


水槽に落とした歯ブラシを取ろうと持ち上げたところ
近くにいたムカデが反応して
歯ブラシにくっついて登ってきた。
末男の指先近くまで来たのでとっさに
歯ブラシをブンブン振り回したところ、
ムカデは床に投げ出され、
大急ぎで水槽と玄関マットの下に隠れたのだと。

それが真相のようでした。

(-""-) ・・・。 よけタチわるいやんけ。

放り出されて逃げたのが水槽の下だったからよかったものの
遠くに着地して
変なところに入り込まなくて本当によかった。

そういう時は歯ブラシを水槽に戻すことと
私がいない時に絶対にやるんじゃねぇ!! ということを
再度念押ししました。


さて、(1)を上げた翌日
またまた恐ろしいことが起きました。


前日の夜にやっておいたスパム(ポーク)、
食べたかな~と
確認しようと水槽をチェック。
食べ残しはカビが生えるんでね。

水槽を仕切って、1匹ずつ入れているのですが
片方に姿が見えない。
土の中に潜っているのかな~




「お母さん、土の中にもムカデ見えないよ」

・・・いやぁ。まさかね。

割りばしで、土を片っ端からつつきましたが
なぜかいません。

ええぇ、なんでぇ。

仕切りには縦長に空気孔が開いていますが
昨日もムカデがそこを通ろうとして
頭すら通らなかったのを確認していたので
それはないよねぇ、と。


フタ、フタの通気孔から逃げたのか・・・。

けれど、フタの通気孔はさらに狭いので
つるつる滑る壁を登った上に通るなんてことできるだろうか・・・。

でも、水槽の下に隠れた時みたいに
限りなく平べったくシェイプシフトするのかもしれない・・・。

先日の一件で、
水槽を玄関から外の廊下へ移動した矢先の出来事。

恐ろしい妄想が次から次へ浮かびます。

マンション内逃走、隣家へ侵入、隣人を襲う、夫婦で土下座行脚・・・・。
( ▽  |||) オーマイガー

どうしようどうしよう。

隣のブースには角で丸まっているムカデが一匹。

「お母さん、もしかしてこれじゃない?」
「ええぇ、まさかぁ」

プラスチックの壁を登りきるだろうか。
通気孔を足場にしたらできなくもないのか・・・。

試しに隣のブースの隠れ家(植木鉢)を持ち上げてみると
もともとのムカデがいました。

!! Σ(|||▽||| ) 移動してるー。なんでさー。

末男と二人でびっくり。

なんで移動したんだろうね、という話になり。

私がぽつりと
「・・・交尾?」
と言った瞬間、末男と二人でギャ~ Σ(||゚Д゚||)人(||゚д゚||)ノ 

いや、なんだかね、かどっこでのの字に丸くなってるのがね
なんだかマタニティ・ブルーに見えたんだよね(笑)
ここ数日元気がなかったのは、恋の憂いだったのかとか。

ちなみに、ムカデのオス/メスは
尻尾の裏をひっくり返してみないとわからないので
調べようがないのですが。


あの塀を乗り越える原動力って
ラプンツェルとか ロミオとジュリエットくらいしか
思いつかないというか・・・。


「卵は無理だ~、そうなったら逃がそう」
と末男。
逃がす・・・・?(笑)

ムカデの抱卵とか見れたらそれはそれで貴重ですが
(興味はあるが世話したくはない)
まあ、今回のことはムカデの気まぐれだった、ということで
終わってくれればいいなと思います。


だいだい、家にムカデがきてから
家族が「ムカデ脱走の夢」を見ます(笑)もちろん私も。

ただムカデって蛇にも勝る
クンダリーニの象徴でもあるような。

それが逃げる(箱から自由になる)・・・意外にいいことなのでは?
と思ったりもします。






0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***