2016年8月28日日曜日

御屋形様 飼育記 (1)


御屋形(おやかた)様  
石垣・瓦・天守閣の築城の文化が本格的に始まったのは織田信長以降。
それまでの武士の棟梁は、大きな平屋に住んでいました。
ですから、名だたる武将たちは
「おやかたさま」と呼ばれていました。

7/14 末男遅めの七夕のお願い

にょろにょろとしたものが好きなうちの末男。

私の実家は裏が山なので
GW~秋にかけては
帰省のわずか数日の間にも百発百中で遭遇します。

数年前、長男と末男が一緒にお風呂に入っている時
案の定 足元に出てきて
絶叫が聞こえて行ってみたら
2人が素っ裸で抱き合って泣いていた、なんてこともありました。


さて、そんな末男
今年は何を思ったのかムカデを飼いたい!と言い出し

春休みの帰省で何とか探し出して連れて帰りましたが
小さすぎて結局逃がしました。
(´・ ・`;) ニガシタ・・・・

そして、
今夏の帰省で見事ゲット。

というか、探したけれど捕獲までに至らず
母が仕掛けたトラップで捕まえたものでした。

最初小さめの虫かごで持って帰ってきましたが
オットが
「そんなものでは登って出てしまう!!」ということで
水槽を買い換え

さらに、8/20のムカデ観察会で出かけた山で
もう一匹ゲットし
計2匹の御屋形様をお迎えすることに。


 
 

顎を押さえればOKなんだと・・・

 
豊田町ホタルの里ミュージアムでは
ムカデについて詳しく聞くことができました。

エサは生きた昆虫がいいということで
ミュージアム館長さんいわく
「ゴキブリ(イエゴキブリじゃなくて、山にいるやつね)が
 飼育できると一番楽ですよね。
 フードさえあげておけば勝手に増えるし」

 ( ̄▽ ̄;) ソレハムリ・・・

そして、先住者のいる水槽に加えたところ
ぶつかってばかりなので
急きょ、分割できる水槽を買い直しました。

そして、ペットショップでコオロギを。

一匹23円で。

店員さんに「何のエサですか?」と聞かれ
「ムカデです」と答えたら
2度3度聞き直されましたよ(笑)

そして、さっそくコオロギを飼育箱に入れて
様子を見たところ
見事捕食していました。

しかし、残りにとっておいたコオロギ2匹が
別水槽(カブトムシ)の中で亡くなってしまい(爆)

「あぁ~、46円があぁぁ~」と思わずシャウト。

暑かったからね。悪いことをした (+人+)


茹で鶏肉をくしで刺して、ムカデの前でぶらぶら
→これは食いついた(なんかうれしい)


末男とエサになりそうな昆虫を探しに行った:
→バッタは水槽のフタにくっついてエサレベルではなかった。
 イナゴはムカデを踏んづけてジャンプしまくっていて
 これもエサレベルではなかった。
 バッタさんたちは逃がしました。

∑(゚∀゚lll) 
わたし、いったい何やっているんだろう
ちっとも好きじゃないのに なんだかとっても気になる・・・
これを「好き」って言うのか・・・?


ムカデって実はとてもきれい好きさんで
時間があると
触覚やら足やらきれいにしています。

特に触覚の掃除は念入りで
女子高生の枝毛切りみたいで、
ちょっとかわいい( *´艸`)

わが家のおしゃれ番長です。


そして、昨夜、事件が。


夜、末男と一緒にムカデを見ていたのですが
私がちょっと目を離したすきに

「ムカデが出た・・・」

と末男が言ってくるではありませんか。

歯みがきをしながら水槽をのぞき込んでいたところ
歯ブラシを水槽内に落としてしまい
それをつたって水槽の外に出たと。

ミラクルすぎる

「どこにいるの!?」
「水槽の下に入った・・・」


玄関マットの上に水槽を置いてみていたのですが
水槽とマットの間に入り込んだとのこと。

なんでフタ開けて見るかね  (-""-)

家族が緊張に包まれました。

娘は
「私の部屋に来たらどーすんの!?」

オットはこんな時、まったく使えないので |д゚) ミテルダケ

私はスリッパをはいて
トングとバケツを用意して
「取りそこなって逃げたら、踏むからね」という承諾を
末男からもらって

そっと水槽を持ち上げると
ムカデ氏は8の字になって丸まっていました。


トングでつまんで水槽へ戻しました。


家族全員に安堵が広がり、
末男はこっぴどく叱られました(笑)

末男一人の時だったら、どうなっていたか。

日ごろ、気を付けるよう言われていたことが
身をもってわかったようです。



+ + + + + + + + +


グループレッスン『心の筋トレ』のスケジュールはこちら
◆マインドクリーニング(呼吸と瞑想)

 個人セッションは、これ以外の時間でお受けします。
メニューとスケジュールはこちら
 
◆母と子の心をつなぐピエタ・セラピー(子どもの問題行動を解決)
◆感情整理と関係改善のワーク(3回)
◆生まれなおしセッション(1回・3回・5回)


10月から、料金を改定いたします。
生まれなおしセッション (人生の悩み)
ショート    70分 8,000円
ディープ 140分 14,000円
 ※感情整理のワークは、こちらに統合します

母と子のピエタ・セラピー (子育て相談)

90分 5,000円


今のところ、コース設定は予定しておりません。

セッションでは、
クライアント様の抱えていらっしゃる悩みについて、
その根本原因がどこにあり、どのように解決していけばいいかをお伝えします。
必要に応じて、カウンセリング、ヒプノセラピー、ヒーリングなどを用います。

なにをやってもダメだった、という方へ、
そもそも自分の感情を感じることができないという方へ、

お待ちしております。 

現行の料金は9月19日までとさせていただきます。

 
問い合わせ先
生まれなおしサロン みすまる
 山口県下関市赤間町7-16-202
 澄田順子
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***