2016年6月21日火曜日

香りが紐解く父との関係



ジャスミンの花


7日に誘導瞑想セラピーで垣間見た過去世の私

商家の一人娘だった私は
両親から大事に育てられていたのですが
思春期にさしかかったある日
父と関係を持ち(1回や2回ではないかもしれませんが)
身ごもってしまいました。

あ、過去世の話ね。

誘導瞑想セラピーでは
母との関係に感情の焦点が当たっていました。

終わってから
ガイドのたんたんさんに
「お父さんとのことが出てこなかったね。
 セクシャリティの問題は、
 けっこう大きいし、今回の本題かなと思っていたけど」
と言われました。

そう、過去世で父との間にあったことは
けっこう衝撃的なことなはずですが
私がまだ紐解きたくないのか
あまり鮮明に現れてきませんでした。

「まあ、また問題が出てきたら来てください」

そういって、セッションを終わりました。

ひとつ引っかかっていたのは
私は子どもの頃、父と一緒にお風呂に入った記憶がない、
ということ。

実際に自分が子どもを持ってみて
ある年齢までオットと娘が
わだかまりなくお風呂に入っていたことを考えると
やっぱ不自然だったよね、と。

母にきけばわかるかな、と思いましたが
過去世の出来事もあり
真相を聞くのが怖くて、尋ねることができませんでした。


* * * *


それから10日して、
調香師の辻先生に香りを作ってもらっている時、
なぜか父の話になったんです。

先生は香りを作りながら、
私の醸し出しているものを感じておられるようで
まず出てきたのが父のこと。

私は母との間にあると思っていたので
意外でした。

書き留めたもの(一部)を見ると

幼い頃に父を拒絶している
父に対して閉ざしている
その寂しさを、父は抱えていた
思春期に女性化することを拒んだのは、父の影響が大きい
これまで、恋愛とか結婚とかのハードルで
母からの思念だと思っていたものは
実は父からのものだった

話を聞いている時は、全然ピンと来なくて
帰りの新幹線で改めて目を通すと

「・・・あれ、これ、この前の過去世の感情そのものじゃない?」

先生は、もちろんセッションのことなど知りません。

でも、私の中で
父とのこと、言い換えれば
私のセクシャリティに関わること、が
もういい加減清算してくれ!って
噴出していたんでしょうね。びっくりでした。

父との関係において、思春期で時間をとめている。
このあたりをクリアにしないと
夫や息子との関係に出てくるよ、と言われました、京都弁で。

お見通し~ 

そして、出来上がった香りを聴いて
私の心の奥の奥が、ふっとゆるんで
泪がこぼれたのでした。

アマテラスの岩戸を開けたのは
男神の力技でしたね。

強引に開けるのではなく
言葉巧みに説得するのでもなく
その背中にそっと寄り添ってくれるような
そんな香りを私もいつかつくりたいと思います。



* * * 


そして、
夏至の午後、母に電話しました。

「わたし、お父さんとお風呂入った記憶がないんだけど
 理由知ってる?」


単刀直入に聞いたら、母も単刀直入に教えてくれました。


3~4歳の頃でしょうか
父と私と二人で入ったところ

湯船の中でゆらゆら揺れる
そのさまが

こわい、きもちわるい

って、拒否ったそうです ((+_+))


その後、父が一緒に入ろうと誘っても
私は断固拒否したそうです。

なので、1,2回しか入ったことはないそう。

赤ちゃんの頃は父が連れて入って母が受け止める
ということをしていたそうです。

でも、もしかしたら
赤ちゃん心にも恐怖を感じていたのかもしれませんね。

海水浴も父と入るのを断固拒否したのだとか。


ひどい娘で、おとうさん、ごめんね~


思わず叫びましたよ、電話口で。


そして、母が何度も

「あんたがきもちわるい、って言うからさ」 "ヘ( ̄▽ ̄)

と言うのを聞いてまた思い出しました。

過去世のセッションで
父の姿に今のオットがかぶっていたこと。

そして、調香の時に、
クリアになっていない想いがオットとの関係にあらわれる、って
言われたこと。


「ああぁ。そういうことか」

私、よくオットに言うんです。そのワードを。
父に言ったという、そのワードを。

言われたオットは時に笑い、時に傷つき、あきらめきっているのですが
私はなぜか口をついて言ってしまうんです。

あまりにかわいそうなので
「 しびれるぅ  o(≧▽≦)o  」と言い換えたりしますが
それもそれなりに傷つくようです。

それが、バババッと私の中で結びついて
合点しました。

どの時代においても、「父」というのは
生まれて初めて出会う人間であり、
女性にとって「異性」のひな型。

私は、魂の中に
「女性性の否定」という種を持っているのを
自覚しています。

母との関係においては
だいぶ、紐解いてきたつもりでした。

それが「父との関係」・・・
まぁ、盲点だったし、つい後まわしにしがちなんだけど
その中にもあったこと。

そっちの方が強力だった。
思えば
私は小さい頃から「跡継ぎたくない」ってのが
強固にあったから。

その理由を
一族安泰のため
娘に性のコードをつなごうとする父、とのストーリーとして
過去世の中に、わかりやすく見せられたこと。

そして、
もうそろそろのステージへ行くために終わりにしたい
って
出てきていた一連のこと 父の日を前にして。


よぉく、よーく わかりました。


おとうさんごめんね。

時間ができたら、じっくりワークしてみようと思います。

私自身の分水嶺となる
夏至の日の出来事でした。



心理学講座・今から始める本当の自分育て(1)
  6/22〆切です
 第1期 6/13開講 全7回(60分) 10,000円 (開講記念価格)
  申し込み要綱はこちら 

自分と向き合うことは、とても勇気がいります。
それを乗り越え、何年か先に振り返った時、
「2016年は転機だった」
「あの年があってよかった」
思っていただける未来へ少しずつ歩んでいきましょう。




グループレッスン『心の筋トレ』のスケジュールはこちら
 ◆マインドクリーニング(呼吸と瞑想)
 ◆アロマリラクゼーション
 

心理学講座・今から始める本当の自分育て(1)
 第1期 6/13開講 全7回(60分) 10,000円 (開講記念価格)

  申し込み要綱はこちら 6/22 〆切 
個人セッションは、これ以外の時間でお受けします。

 メニューとスケジュールはこちら

◆母と子の心をつなぐピエタ・セラピー(子どもの問題行動を解決)
◆感情整理と関係改善のワーク(3回)
◆生まれなおしセッション(1回・3回・5回)
◆生まれなおし・母とのへその緒を切る


問い合わせ先


生まれなおしサロン みすまる

 山口県下関市赤間町7-16-202



 澄田順子

080-5209-2240

  

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***