2016年6月3日金曜日

誕生日に死にたくなるなんて ~ 理由を知って解決していこう



昨日、こんなニュースを見かけました。

「誕生日に自殺する人は。他の日の1.5倍になる」





妊娠を望まれなかった
生まれてくることを望まれなかった

おなかの中にいる時に
その想いを受け取った赤ちゃんは

生まれながらにして
「私は生まれてきてはいけなかった」という
深い孤独を抱えています。

これは記憶の底に
何重にも重い封印をしてしまい込んでいるので

そう聞いたところで
「私もそうだった!」と手を上げる人は
少ないでしょう。



誕生日前後にかけて、
なぜか
体調を崩す、けがをする
ダダをこねる、機嫌が悪くなる
問題行動が起こる

誕生日パーティーを
いつも自分で台無しにして叱られる

そんなお子さんはいませんか?


生まれてきたことに対しいて罪悪感が強いと
誕生日が近づくにつれ
原因のわからない心のうずきが
そんな自傷行動に駆り立ててしまうのです。

「生まれてきてはいけなかった」

誕生日が来るたびに積み重ねられた罪悪感と
誰にも理解されない深い孤独が

いつかの誕生日に
みずからの人生を終わらせる行動に
背中を押してしまう


そんな悲しいことが、起こってしまうのです


人生のはじまりに抱いたバーストラウマ

決して記憶の表面に姿を現すことはないけれど

心の奥から
人生を揺さぶり、支配し続けます。


生まれてきてはいけないという罪悪感も
死への背中を押すほどの孤独感も

自分のせいではなかった

ということに気づいてほしい。


背負ったものをおろすために
「死」という方法を選ぶのではなく

その背負ったものをおろし、
あなたの人生を始めるための方法があることを
忘れないでくださいね





問い合わせ先

澄田順子

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***