2016年6月17日金曜日

(1) グレート・マザーの想いに触れる ~ 母とつなぎなおす


誘導瞑想セラピーのセッションを終え、自宅に帰りました。

母に仕事のことを言わなきゃ。
何だかそのことがおもーくのしかかって
ちょっと軽くむかむかするほどでした。

え? そんなことで?

えぇ、私もそう思います。
そう言ったことが、なんのてらいもなく
母親に言える、友達親子のような人もたくさんいます

しかしどうやら私は
思春期過ぎた頃から、割と
大切なことを言わないようにする子でした。
一人で勝手に進めて、事後報告、ということは
しょっちゅうでした。

そのおかげで、自立心は育ちましたが
交渉する、表明するということは苦手だったように思います。

自宅に帰ってから
ずっとインナーチャイルドの存在を感じていました。

小さな私が、心の隅で
「おかあさんに、おこられる。おこられたくない」
って、言ってくるんです。

そうか、怒られるの、イヤだったんだね。

インナーセルフと、インナーチャイルドは同じなの?
と、聞かれそうですが
インナーチャイルドは、
インナーセルフのひとつのあらわれだと考えてください。

これは私の考えですが
過去世から引き継がれた魂の履歴や課題は
この世に誕生するときに
子宮と産道を通して
今生の心とからだに焼き付けられます。

それが、バーストラウマ。

バーストラウマは、
この人生における課題の青写真といえます。

魂の課題、それが反映されたバーストラウマ、
そこから展開される人生の悲喜こもごも

私たちは、それを克服するために生きているともいえます。

しかし、このバーストラウマの影響をもろに受けて
傷つき、自分に価値が感じられず
成長を止めてしまっている心の部分、
それが、「インナーチャイルド」の姿で出てくるのです。

今生における人生は、母体から生まれることで始まりました。
だから、今生において
あなたを悩ませるモロモロのことは、
行き着く先は
すべて、母との関係にその根っこがあるのです。

私の場合
誘導瞑想セラピーで出てきた過去世における
「人生の岐路において、自分の意思を伝えることができなかった」
という課題

それが、今の人生で
「母に、自立の意志(自営の仕事をすること)を伝える」
というところにつながり
それをなしとげることで 
過去世から、インナーチャイルドへと持ち越されたハードルを
ひとつ超えることができるのです。


仕事をする = 社会と接点を持つ 
ということに
母との関係が現れていたんですね。

社会へ出るということは、子宮の外へ出ることそのものですから。

そうして、私は
セッションの翌日、母に電話しました。

仕事のこと、サロンのこと、


母は、淡々と聞いてくれました。
そして、「自分のしたいことが見つかって、よかった」と
言ってくれました。

去年の11月、
真美先生の沖縄ワークショップへ行き、
そこでじっくり母とのことを向き合いました。

その時も、(母からの)離脱症状がすさまじく出て
家族を巻き込むほどでした。

私はそれでひと段落したと思っていました。

けれども、
私はそれ以来すっと気にかかっていることがありました。

私は、母に電話をしなくなったんです。
忘れていることもあるし、思い出しても「まぁいいか」と
無意識に避けていることに気づいていました。

そして、この日話してなぜそうしたのかよくわかりました。

私には後ろめたさがあったんです。

母とのこと、このブログでも、けっこう書きました。
その時の私は、努めて淡々と書いているつもりでも
やはり、
私は被害者でそれを自分の努力で克服したのだ、という
おごった気持ちがあったんです。

カウンセリングの仕事をするために
精神性を高めてキャリアをアップするために
母とのことをずいぶんと踏み台にしてきたことへ
のうしろめたさがあった。

解決したと感じれば感じるほど
踏み台にしたような申し訳なさがありました

うまく言えませんが、
無意識に母へ電話をすることを遠ざけていました。

母は、
なにか始めようとしていることをうすうす気づいていたこと
その謎が解けたこと
ひとりで抱えず 心配かけていいんだと、
そんなふうに返してくれました。

母と話をしながら
私は一体何を意固地になっていたんだろうと
思いました。

「おかあさんにおこられる」

わかってもらえっこない
そんな想いが、砂のように形を失って溶けていきました。


私はすっきりとした気持ちで電話を切りました。





グループレッスン『心の筋トレ』のスケジュールはこちら
 ◆マインドクリーニング(呼吸と瞑想)
 ◆アロマリラクゼーション
 

心理学講座・今から始める本当の自分育て(1)
 第1期 6/13開講 全7回(60分) 10,000円 (開講記念価格)

  申し込み要綱はこちら 6/22 〆切 
個人セッションは、これ以外の時間でお受けします。

 メニューとスケジュールはこちら

◆母と子の心をつなぐピエタ・セラピー(子どもの問題行動を解決)
◆感情整理と関係改善のワーク(3回)
◆生まれなおしセッション(1回・3回・5回)
◆生まれなおし・母とのへその緒を切る


問い合わせ先


生まれなおしサロン みすまる

 山口県下関市赤間町7-16-202



 澄田順子

080-5209-2240

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***