2016年4月8日金曜日

自分自身への深い愛と理解を学ぶ (2) ~ 鉱物術教室で自分との対話



前の記事は、メディテーションで受け取ったことを
整理しないまま書き写したので
なんだか、収拾のつかないエネルギーがあふれかえってしまいました。


刷新する時っていうのは、
1回 混沌とするものなのかもしれません・・・。


私のレイアウト


さて、鉱物術教室3、クリスタルレイアウト&メディテーションにて

お昼休憩をはさんで、
後半は参加者一人一人がレイアウトデザインを受け取り
水晶ポイントと好きなクリスタルを組み合わせていきました。

デザインを考えている時、
私は五芒星=五行の循環をずーーーっと考えていたのですが

「ちがう」

急きょ、新しいデザインに変えました。
一気に出来上がったのが、上のデザイン。

中心から四方に発したクリスタルが軌跡を描いていきます。
そして、同じく四方に広がる、波紋
 

枯れることのない 愛の大いなる源泉
すべてが始まり すべてが帰すところ

源泉から生まれた魂は
紆余曲折 すすみながら 
振り返ればすべてそれは愛の軌跡

上になり 下になり 
表になり 裏になり
火となり 水となり
光となり 闇となり

あらゆる表と裏を味わいつくし
その意味を知ったとき、
あなたの中にある 大いなる源泉に気づく

その気づきが、変容のひとしずくとなり
こぼれおちた 波紋は広く深く広がっていくでしょう



並べ終わったら、
参加者さんがガイドして、みんなで瞑想していきます。

参加者さんが5人いるので、
メディテーションも5回 キャァ~贅沢~\(^o^)/

ある瞑想では
ガイダンスのキーワードが 海、鳥居、龍

その時は気づかなかったのですが、
瞑想し終わってから
それが
サロンに来る前に助けてもらった「花掛神社」そのものであることに
気づきました。

  鳥居  海神  八大龍王

あの時感じたメッセージが、そのままこの瞑想のアンサーでした。
びっくり。


ふと、自分の番が近づいてきて
「やべ、何をテーマにしよう」

みなさん、ガイドがうまいんですよ、どうしよう・・・・

直前の瞑想の中で、何をしたらいいかイメージをもらいました。

一番、こなれたヤツでやってみよう
ということで
セッションの時によく用いている「胎内退行」のガイダンスを
することにしました。

赤ちゃんに戻って、お母さんのおなかの中に入り
胎児としての感情や意識の状態を感じてもらいます。

出産(産道をくぐり抜ける)を経て、
生まれた赤ちゃんである自分自身と対面します。

そのパワーを感じ、
赤ちゃんのやりたいこと、伝えたいことを受け取ってもらいました。


終わってからのシェアで

・いきいきとした感じが伝わってきた
・生まれたあとの続きもしてみたかった
・ワクワクとした感じが伝わってきて、今の自分と全然違うと感じた

など、感想をいただきました。
とても貴重なご意見です、今後の参考にさせていただきます。

この時思ったのは
生まれた時は、割とワクワクしている人が多いこと。

この気持ちって
「こんなことしたい」 「あんなことしたい」 「こんなこと楽しみたい」
きっと、自分のこれから始まる人生に対してのワクワクだと思うんです。

けれど、何十年人生を重ねた今、
そのワクワク感と今の自分の意識が乖離しているわけです。
あれ、なんでこんなに違っちゃったんだろう、って。
そのギャップがはっきりわかるわけです。

きっと人生のどこかで、
小さくあきらめ閉ざしてきた扉がたくさんある。

あきらめるたびにワクワクの炎が少しずつ消えていく。
このワクワクの炎は、
まさに第二チャクラのインナーセルフの動力源ですから。

それは何歳のときか、
何のできごとか、
何をあきらめたのか

その一つ一つを丁寧に見ていく
空いた穴を埋めていく
途切れた道をつなげていく

胎内退行と、インナーチャイルドセラピーを
一続きでやったら
より、自分の今の行動を妨げているブロックが
見出しやすくなるのでは、と思ったのです。


ガイダンスのポータルの設定、セッションの展開など、
むくむくとアイディアが湧き上がっていきます。

私にとっても、大きな経験でした。



そして、たんたんさんが
「いや~、おもしろかった」と、反応してくださってびっくり。

たんたんさんは、
胎児の時のクリアな意識、
生まれてくる意味を熟知しているが故の緊張感、
そして、生まれた瞬間の「始まっちゃったよ~」という感情を、
まざまざと経験され、深く思い入ることがあったそうです。

たんたんさんのような方でも、
誰かのガイドがあると、意識の焦点が絞りやすくなり
目的とする情報が明晰に得られる、ということで

改めて、ガイドの役割の重要性を感じました。

あくまでクライアントさんの内的探求の案内人、とはいえ、
やはり
お互いの意識のパワーが反応し合って
その時、その場、その人に必要な情報が引き出されるのだと
考えれば、

一人での内的探求と、
ガイドに胸を借りての内的探求は、
まったく違ったものになるのだろうと思います。


 たんたんさんの関連記事はこちら ↓

「ハートチャクラのなかの愛における古いバージョンを破壊し、新しいチャンネルをひらくために3」

「ハートチャクラのなかの愛における古いバージョンを破壊し、新しいチャンネルをひらくために4」 

「ハートチャクラのなかの愛における古いバージョンを破壊し、新しいチャンネルをひらくために5」


実際にセッションを受けられた方の話です ↓

「愛する人たちのために自分の愛を表現し、分かち合う時代へ2」 



≪ 続きます ≫




0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***