2016年2月28日日曜日

闇こそが本質・闇こそがパワー(1) ~ 潜在意識と対話する 誘導瞑想セラピー 

   

前記事の翌日、
インナーセルフとの対話を経て、
ハイアーセルフとの対話までしました。

誘導瞑想セラピーでは、ハイアーセルフとの対話まで
含まれます。

ハイアーセルフとは、
ハイアーセルフなどでは決してありません。

人は誰でも、
自分のことしか見えない
どろどろ、ぐちゃぐちゃの感情にまみれた意識から
そういた感情の影響を受けない、
理性と知性を備えた俯瞰の意識まで
ありとあらゆる階層の意識を
自分の中に持っています。

その意識を、高層エレベーターのように
一日のうちに行ったり来たりしています。

 
ハイアーセルフは、人の意識のうち、
その最も高い次元にある意識というだけで
「神」とか「天使」といったような
特別な存在ではありません。

人に教える、導くといったときに
自然に意識の次元は高くなっています。
 


明確に意図してその意識とつながり
メッセージを受け取ることで
自分の置かれている状況を俯瞰し、
人生の舵取りをスムーズにすることができます。

インナーセルフの、人生における願望欲求を知り
ハイアーセルフから、ガイダンスをもらう。

そして、肉体と行動力を持った「生身のわたし」が
現実のなかでそれを実行していく。
そうすることで、
「心の奥底で本当に望む人生」を送ることができる。

「問に対する答えは、すべて自分の中にある」というのは
そういう意味なんですね。

では、セッションの内容に入っていきます。
(〃▽〃)


* * * * * * * * * * *


イメージの中で、潜在意識の深淵へと続く階段を降りていきます。
階段を降りきった一番深いところで、立っている場所を感じてみます。

「ピンク色で、たぶん、子宮みたいな。子宮の中かな」

明るさはどうですか?
「透けて見えるような、ピンク色です」

足元は?
「ぷにゃぷにゃしていて、肉感的です」

ご自分の足元が見えますか?

「階段を降りる前から赤ちゃんになっていて(笑)
ハイハイしながら階段を降りたので。
足元は裸足で、子どもの足です。ぷにぷにした」

赤ちゃんの全体像は感じますか?
「キューピーちゃんみたいな、何も着てない感じ」


参考 ・ 胎内記憶

赤ちゃんの表情は見えますか?どんな様子でしょう?
「どっちかって言ったら、ご機嫌な方です」

男の子ですか?女の子ですか?

「あ~、どっちだろう。男の子っぽいかな?」

赤ちゃんの目を見つめて、感情を感じてみましょう

「ん~、私を見て
『あなたは何をくれるの?なんかちょうだい』って
言っています()

何が欲しいか、聞いてみてください

「自分は、生きていく上で必要なものを、
人からもらうものだと思ってる感じ。
『あなたも私に何かくれるんでしょ』みたいな」
「生きていくために必要なもの。
具体的にとかじゃなくて、もらうのが当然と思ってる」

どうしてそんなに欲しがるの、って聞いてみてください

「お父さんとお母さんが・・・
『この子はもしかしたら障害があるかもしれないから、
ふたりで守って育てていこう』って言ったんですね。

それは(実際に)聞いたことがあったんですけど、
今になってなんとなくそれが あぁ~ってわかってくるのは、
『わたし、無力なんだ。守ってもらわないと生きていけないんだ』って。」

「なんかもう、自分が生まれる前から『無力』で、
誰かの力を借りないと生きていけないんだね、って
思ってたっていうのが、今回初めてわかりました」

自分が無力だという制限の信念があるんですね。
どうして、自分が無力であると信じてしまったのか、
聞いてみてください。

「自分は、そんなつもりじゃないのに、
お父さんとお母さんがすごい心配したんですよね。
この子は大丈夫だろうかって。
だから、自分はへーき、そんなこと思っていないのに、
そう思われている、

赤ちゃんの私には、障碍がなんなのかわからないから
「障碍=満たない」みたいなとらえかた、だから

だから私が普通にしているんじゃ無力なんだ、
今よりももっともっと頑張らないとダメなんだ。
今のままではダメなんだ、ありのままでは無力なんだ~って
感じたんですね」

「だからなんか、ん~、お母さんの言うこと聞いてればいいのよ、とか、
言うこときかないから失敗したのよ、っていうのを
すんなり受け取ってしまった。
守ってもらわないと、って。
理屈じゃなくって、
自分は自分のことを100って思っているけど、
親からみたらつねに足りていない、っていう、そのギャップ。

何が原因か、って、自分で理解できない、
そう言われちゃったからっていう。
ラベル張られちゃった、っていう。

わたしは自分を100だと思っていても、
周りから見たらそうなんだ、みたいな
まだうまく説明ができないですね、感情的に」

赤ちゃんのインナーセルフに、必要なエネルギーを全部聞いてみてください。
「ん~・・・難しい。
足りないって、自分が思ってないんですよね。
赤ちゃんの意識だからかな、
自分はこれで100って思っているんですよね。
なのに、(周りが)足りないって言ってくるから、
逆に何が足りないのって、思っているの」

足りないということに、こだわらなくてもいいですよ。
必要なエネルギーを聞いてください。
「取ってほしいかな、逆に。
『足りない』っていうのがべたべた張られているから。
取ってほしいかな」

取り除く前に、ちょっと成長させなければならないから、
パワーを与えて成長させてください。
赤ちゃんを成長させるパワーをイメージして、
与えてあげてあげましょう。
充分成長できたと思ったら教えてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

***